真性包茎の治療(ステロイド軟膏)

手術以外の治療方法を保存療法と言います。保存方法にも幾つかの
種類があります。1日数回、ステロイドの軟膏を包皮の狭い部分に
塗って開口部分を広げる事で露茎出来るようにするというもので、
主に子供の包茎治療に使われるそうですが、もちろん、大人の
包茎治療においても効果を発揮します。ただし、塗り薬の為、
治るまでに長期的な時間を見る必要がありますが、リスクは非常に
少ない治療方法です。ステロイド軟膏は、真性包茎の治療に効果が
あることが最近わかり、泌尿器科での治療に広く取り入れられる
ようになってきました。

真性包茎が治る率は、87%といわれています。泌尿器科の病院に
行って真性包茎の治療として処方してもらいます。ステロイド軟こう
の使い方は、自分で包皮を根元の方に引っぱって、痛みなくむける
ところまでむき、皮の内側に塗りこむように、ステロイド軟膏を塗り
ます。ステロイド軟膏には、包皮をやわらかくして伸ばす作用がある
ので、これを毎日繰り返し、少しずつ広げてむいていきます。癒着を
やわらかくしてはがす作用もあり、真性包茎の治し方として非常に
有効であることが実証されています。

一般的には、2週間程で効果が現れ始め、1ヶ月〜2ヶ月くらいで
多くの人は包皮が剥けるようになり仮性包茎の状態まで進んだこと
になります。もちろん健康保険が適用できるので、治療費は安く
済みます。治療に時間はかかりますが、リスクも少なく、治療費も
安く済む、お勧めの治療方法です。

当サイト人気コンテンツ

★ 治療方法について
★ 手術の良い点・悪い点
★ 手術の種類1
★ 手術の種類2
★ お勧めのクリニック
★ ステロイド軟膏で治療



Copyright (C) 2007 真性包茎@解説NAVI All Rights Reserved.