真性包茎の治療(手術の種類2)

皮を切ってしまう施術の他に、皮を切らずに行う施術もあります。
包茎の度合いが軽めの方に行われる手術で、包皮を縫う事で露茎する
癖付けをするナチュラルピーリング法は、縫う糸によっては時間と
共に体内に溶け抜糸しなくてもいい為、手間もかからず比較的安全
に治療する事が出来るようです。

重度の包茎の方だとこの方法では改善されない場合があるようです。
ナチュラルピーリング法以外にも、包茎手術の中でも包皮を切ったり
せずに残したまま治療する根元部固定法があります。根元部固定法は、
亀頭を覆っている包皮に医療用接着剤を付け、ペニスの根本部分で
固定して露茎する癖付けをする方法です。接着するだけなので安全に
治療する事が出来ますが、接着剤の接着力が落ちるとまた元の
包茎状態に戻ってしまう場合があるというデメリットもあります。

治療に時間をかけたくないけど、切除するには勇気が・・・と言う
方には、ナチュラルピーリング法や根元部固定法がお勧めですよね。
切開しなくても施術には代わりがありませんので、その後のトラブル
が発生する事があるかもしれません。切開の施術をしなくても、
術後のアフターケアがしっかりしている病院やクリニックを選ぶ
ことをお勧めします。「コンプレックス解消の為には多少のリスク
も必要」と、安易に病院選びはしないで下さい。

雑誌の広告に載っていた病院に電話をかけて予約を入れて、初めて
もしくは2回目にその病院へ行ったときに手術を受ける。このような
流れが一般的かもしれませんが医師のカウンセリングの際、手術以外
の治療法などもしっかりと説明してくれるところを選びましょう。

当サイト人気コンテンツ

★ 治療方法について
★ 手術の良い点・悪い点
★ 手術の種類1
★ 手術の種類2
★ お勧めのクリニック
★ ステロイド軟膏で治療



Copyright (C) 2007 真性包茎@解説NAVI All Rights Reserved.