真性包茎の治療

真性包茎の治し方には4通りあるといわれています。包茎手術を
受ける方法、真性包茎矯正器具を使用して治す方法、自分で治す
方法、ステロイド軟膏を使用する方法との4通りがあります。

最近まで真性包茎は手術をしなければ治らないと言われてきまし
たが、最近では真性包茎を切らなくても治療できるようになって
きました。それでもまだ「真性包茎は絶対に包茎手術が必要だ」
とういう人はたくさんいますが、決して早まらないでください。
一気に治してしまいたいという人は、真性包茎を手術で治す方法
もありますが、包茎手術は後遺症や手術費用等のトラブルが多発
しているので、なるべく避けた方がいいといわれています。

早急に手術をしなければならないこともありますが、そのような
事態になることは、ほとんど稀と言われていますので状態によっては
手術以外の方法を選択するほうが良さそうですね。「重度のカントン
包茎で放置すると男性器の細胞が壊死してしまう」等の理由がある
場合は、泌尿器科で手術する必要がありますが、機能面で問題のある
包茎手術の場合は健康保険が適応されるので医療費も安く済みます。

機能的には問題ないものの包茎を治したい場合や、とにかく余分な
皮を除いて亀頭を露茎させたい場合など、この場合の包茎手術は整形
と同じくくりにされるので保険が適用されず全額個人負担となって
しまうようです。このように状況や状態によって変わってきますので、
まずは泌尿器科での受診をお勧めします。

当サイト人気コンテンツ

★ 治療方法について
★ 手術の良い点・悪い点
★ 手術の種類1
★ 手術の種類2
★ お勧めのクリニック
★ ステロイド軟膏で治療



Copyright (C) 2007 真性包茎@解説NAVI All Rights Reserved.