真性包茎の原因

真性包茎の症状としてあげられるのは包皮と亀頭がくっついて癒着し
半一体化している状態、または、包皮口が狭く亀頭を露出させる事が
できない状態がありこれらが合併している事もあるといわれています。
通常、包皮と亀頭の癒着は年齢と共に自然と剥がれていき、個人差が
ありますが思春期頃にはほとんどの人が癒着は剥がれていきます。

しかし人によっては10代後半から20代に入っても癒着が剥がれない
場合があり、これが真性包茎です。真性包茎を引き起こす原因として
大きく分けて4つの要因があると言われています。その4つの要因は、

・遺伝
・皮の伸びやすい時期の幼児期に勃起が多かった
・亀頭に皮を被せたままの皮オナニーのしすぎ
・勃起の力が強い為、皮が伸びきっている

などが上げられます。遺伝に関しては真性包茎の原因としてはあまり
関係ないとされています。遺伝以外の、その他、皮の伸びやすい
時期の幼児期に勃起が多かった・亀頭に皮を被せたままの皮オナニー
のしすぎ・勃起の力が強い為、皮が伸びきっている等の、3つの要因
では、包皮が縦方向に伸びきっているので、亀頭が包皮を押し広げら
れることができず、真性包茎を引き起こすと言われています。

また包皮と亀頭が癒着している場合に自分で無理に剥がそうとすると、
亀頭が削れ出血する場合もありますので、癒着は絶対に無理に剥が
さず、泌尿器科などの専門医での受診をお勧めします。 真性包茎は
常に皮を被っている状態なので、亀頭が蒸れ垢がたまりやすく不潔な
状態になり、陰茎ガンになる可能性もあるといわれています。

当サイト人気コンテンツ

★ 治療方法について
★ 手術の良い点・悪い点
★ 手術の種類1
★ 手術の種類2
★ お勧めのクリニック
★ ステロイド軟膏で治療



Copyright (C) 2007 真性包茎@解説NAVI All Rights Reserved.